借入金の債務整理について

金融機関から借り入れた借金の債務整理を経験しました。返済が困難となったため、法テラスの無料弁護士相談を経て、相談した弁護士に正式に債務整理業務を依頼して整理を行いました。事業用資金として1,000万円の借り入れが2社にありましたが、毎月の返済が追い付かず債務額を1,000万円から800万円に減額してもらうことになりました。

 

当方は元々、事業をたたみ清算手続きに移行すべきではないかと考え、弁護士相談を行いました。弁護士からは、借り入れ計画の目処が立たなかった会社の問題ではあるが、そこまで融資した金融機関にも問題があり、少しでも返済できる手段として事業再生も含めて検討してみてはどうかとの助言をいただきました。

 

弁護士を通じて金融機関との交渉を行いましたが、はじめのうちは金融機関側も頑なな姿勢を示していました。そのため、あまり期待せず事業清算の手続きに移行することを本気で考えていました。

 

しかし、いざ事業清算の話を金融機関側に伝えると事業再生の話となり、200万円の減額となりました。金融機関側に話を聞くと、債務額の減額の相談はよくある話であり、簡単に減額の話には応じられないとの話がありました。一方、事業清算を考えられるとさらに収入がなくなるため困るとの話もありました。

 

最終的には、経験豊富な弁護士の方のアドバイスにより双方が納得する妥協案が出せました。債務整理の際は相談することをおすすめします。

債務整理にも色々あることを知り

借金の返済が難しくなりどうしていいかわからなくなった時に、法律事務所の借金相談のCMを目にしました。

 

債務整理について無料で相談に乗ってくれるということだったので、藁にもすがる思いで相談をすることにしたのです。
今まで債務整理というのは、自己破産ぐらいしか知らず自己破産についてもよく知りませんでした。

 

そのような自分に対して相談をしてみると債務整理についてわかりやすく丁寧に教えてくれて、方法はいくつかあるということがわかったのです。

 

資産を失う代わりに借金が全て帳消しになるのが自己破産で、資産を残しながら借金を減額する方法や、
金利をカットする方法など債務整理といってもいくつも方法があることがわかり何とかなりそうだという気になってきました。

 

最終的に自分が選んだのは任意整理という金利をカットする方法であり、金利の負担さえなければ返済も不可能ではないということで、この方法を選びました。

 

債務整理をしてからは、順調に残りの借金を返済することができ今では完済まで後一歩と言う所まで来ています。
これだけいろいろな方法があるということがわかっていれば、もっと早くから債務整理をしておけば余計に苦しむことがなかったかなと今では思っています。

債務整理をすることに決めた

軽い気持ちで借りた消費者金融の借金がいつの間にか、大きな負担になっていました。

 

最初は小さな金額だったのが利用を重ねるごとに金額が増えていき、金利を返すのも精一杯という状況だったのです。
出口の見えない借金地獄に疲れ果て、悩んでいたところ債務整理をしてみてはというアドバイスを貰ったので、弁護士事務所で相談をしてみることにしました。

 

相談をするとそれだけで気持ちが楽になりましたし、更に具体的な解決策を教えてもらうと希望の光が差し込んでくる思いがありました。

 

とても親切に対応をしてくれて、最終的に個人再生という方法で債務整理を行うことになりました。
この方法だと資産を残しながら借金を減額することができるということで、返済の負担が大きく減るということだったのです。

 

借金は100万円にまで減り、金利もなくなったことから返済はかなり楽になりしっかりと完済をすることができました。

 

債務整理をしなければならない状態になってしまったというのは残念ですが、無事に借金苦から逃れられたのは良かったです。
借金の恐ろしさというのも十分に知ることができましたから、これからは安易な気持ちで借金をせずに慎ましく生活をしていこうと思います。

お気に入りサイト