再スタートのきっかけになった債務整理

約10年前のことになりますが、わたしは債務整理を行いました。四つの種類がありますが、その中で自己破産を選びました。多重債務者のお決まりのように、ほぼ全ての消費者金融のカードローンを利用し、なおかつ、クレジットカードでもキャッシングを使っていました。トータルで見れば、当時の年収程になり、無理をすればごまかしごまかしで返済を続けられました。

しかし、当時派遣社員でしたが、毎日毎日返済のことを考えるのが苦痛になりました。ちょうど離婚も決まっていたので、身を清める意味で自己破産にしました。インターネットを使い、司法書士事務所を見つけました。面談で状況報告をすると、担当者も自己破産を薦めてくれました。その場で決断し、正式に契約を結びました。何事にも縁があるのかもしれません。

破産法が改正されたばかりの頃で、初めての自己破産では書類手続きのみでした。けれども、ボリュームがあるので、きちんと計画的に行うことが大切です。そうして、依頼から約半年で、破産宣告となりました。手続き費用は分割払いであり、破産宣告と同時期に完済しました。

自己破産以外の債務整理でも、デメリットが指摘されていますが、体験した自分からすれば、実施して良かったと思っています。いろいろ悪口を言う人もいるでしょうが、再スタートを切る意味でも、大事な制度であると思います。しかし、二度と体験したくない思いがあることも、また事実です。