任意整理とは何ですか?

任意整理とは、弁護士や司法書士が依頼人の代理になることで、債権者と直接返済の方法や返済額について交渉をして借金の減額をし、依頼者が今後支払いやすい条件の合意を成立させる手続きになります。裁判所は一切関与しないため、依頼人と弁護士間のやりとりになる私的な債務整理方法といえます。

 

いくつかある債務整理の手続きの中でも、最も頻繁に利用されるのがこの任意整理の手続きであります。借金がどれぐらい減り、月々どれくらいの返済額になるかシュミレートしやすいため、相談だけでも受け付けてくれます。任意整理のメリットとして、利息制限法の計算により債務総額が減少することなどが挙げられます。

 

任意整理の手続き完了後に将来利息が免除されるので、完済がとても早まります。また取引期間が長ければ、その分過払い金が生じている可能性も高まり、返還されるお金も大きくなります。面倒な手続きもすべて任せられるため、心のゆとりと時間の余裕を持つことができます。自由度が高い手続きなので、複数社から借り入れをしていた場合に一部の債権者だけを整理したい、といったようなことも可能になります。

 

任意整理のデメリットとして挙げられるのは、ローンやクレジットを含む借入が今後約5年?7年はできなくなることです。今使用できているクレジットも今後使えなくなる場合が出てきます。いわゆる"ブラックリスト"として扱われるので、信用情報に事故扱いとして記載されます。自己破産や個人再生といった債務整理と比較すると、債務を減額させる効果がそれほど高くないことも挙げられます。

 

また、最近では任意整理の手続きに応じてくれない業者が増えているため、中々交渉が進まない場合もあります。弁護士に依頼で任せることもできます。直接依頼することもできますし、弁護士に相談しにいった結果、特定調停をすべきだと判断されれば弁護士事務所を通じて特定調停の手続ができます。

 

それ以外であれば、自分で申し立てることになるため、本人が直接裁判所に申し立てを行って、債権者と交渉をしていかなければなりません。手続きには難儀な過程を踏まなくてはいけませんし、法律の知識も必要となってきます。また、何回も裁判所に足を運ばなければならないため、仕事をしているのであれば時間の余裕が持てません。

 

すべてを自分でこなせるならよいのですが、特定調停を行うのであれば、法律のプロの知恵がなければしんどいところがあります。

 

https://shakkinhensai-bengoshi.kutibue.com/